ログインするとリマインドメールが使えるYO!


新着情報

INFORMATION

2022年4月19日(火)

【5ケ月連続】「舟木一夫 芸能生活60周年特別企画」6月スタート!

1963年6月5日『高校三年生』での鮮烈な芸能界デビューから60周年。
今なお精力的にステージに立ち、多くのファンに愛され続けている舟木一夫。

彼の芸能生活60周年を記念して、最新コンサートから主演映画まで、舟木一夫ファン必見の特別プログラムを5ヶ月連続放送!


2022年6月

 コンサート 
舟木一夫コンサート2021 in 中野サンプラザ

2021年10月27日(水)に中野サンプラザで開催された「舟木一夫コンサート2021ツアーファイナル」の模様を完全収録して放送。
第一部【日本の名曲たち】では「鉄腕アトムの歌」「サザエさん」を始めとする漫画主題歌、第二部【ザ・ヒットパレード】では「高校三年生」「学園広場」といったおなじみの楽曲、アンコールを含めた全32曲をお届け!

 インタビュー 
舟木一夫が選ぶマイベスト・総集編~主演映画を語る~(再放送)

舟木一夫がこれまでに出演した映画と、それにまつわる想い出を振り返る貴重なインタビュー番組。

 映画   高校三年生

記念すべき舟木一夫の映画デビュー作! 富島健夫の原作をもとにピュアな若者たちの青春を描く。
主題歌はもちろん、舟木一夫が第5回日本レコード大賞新人賞を受賞した昭和38年の大ヒット曲『高校三年生』。

 映画   続高校三年生

前作のロングヒットを受けて、翌年作られた作品。苦悩と喜びに満ち溢れた高校三年生という時代を溌剌としたタッチで描く。
高校三年の夏休み。海へ出かけた明子とクラスメイトの孝は、騎馬戦をして遊んでいる様子を写真に撮られ、それを雑誌に載せられてしまった。雑誌を見た明子の母は、今後、明子と孝の交際は一切認めないと宣言。明子は人権侵害を主張してハンストを始めてしまう。


2022年7月

 映画   学園広場

舟木一夫のヒット曲を倉本聰らのオリジナル脚本で映画化した青春歌謡映画。劇中曲は『学園広場』『高校三年生』ほか。
東京から古い因習の残る地方都市の高校に転校してきた山内修二。彼はその学校に代々伝わる、最も勇気のあることをした者に“勇者の帽子”を授けるという慣習に義憤めいたものを感じていた。ところがこの帽子が紛失し、修二が隠したのではないかと疑われてしまう。

 映画   北国の街

富島健夫の原作を倉本聰の脚本で映画化。舟木一夫のヒット曲が全編を彩る青春歌謡映画。絹織物の町を舞台に、手織り職人の息子と不良学生の友情を描く。
絹織物の町、新潟県十日町の高校生・海彦は通学電車で可憐な女学生・雪子に出会う。雪子に恋する男は多く、札付きの不良・藤田もその一人だった。やがて雪子をめぐり、海彦と藤田の間にいつしか男の友情が生まれるのだが…。

 映画   青春の鐘

倉本聰のオリジナル脚本を舟木一夫主演で映画化した青春作。家庭教師と受験生の交流、その家の令嬢とのロマンスを綴る。
一家中がエリートコースを歩んでいる名門・依田家に、東大生・村瀬正吉が家庭教師としてやってきた。来春中学を受験する春夫を一流校へ合格させたい、そんな両親の期待のもとに村瀬は迎えられる。ところが村瀬はガリ勉には反対で、春夫と一緒にマラソンや相撲をしてばかりだった…。


2022年8月

 映画   花咲く乙女たち

永遠の青春スター・舟木一夫が主演した歌謡映画。
働きながら定時制高校に通う太一とサツキは、近郊の町から来た昌次とサブという二人組と知り合い、仲良くなった。しかし昌次たちはヤクザで、それを知った太一は二人を更生させようとする。

 映画   高原のお嬢さん

舟木一夫のヒット曲に乗せて、恋と友情の板ばさみで揺れる青年の複雑な心を綴った青春純愛映画。
蓼科高原の農場で牧草の研究をしている和夫はある日、別荘にやってきた淳子と出会い、恋に落ちる。しかし淳子は、観光開発会社社長の息子・進のフィアンセだった。

 映画   哀愁の夜

舟木一夫が青年弁護士に扮し、友情と恋の板ばさみに苦しみながら正義の道を進む青春映画。
弁護士志望の青年・正彦の同級生・一也が殺人犯として逮捕された。捜査に不審な点を見出した正彦は、一也の弁護を引き受けることにする。ところが事件の裏には正彦が愛する女性・美紗緒の父が関係していた。


2022年9月

 映画   絶唱

舟木一夫が青春歌謡路線から離れて、本格的文芸作品に取り組んだ意欲作。根強い因習と迫害に傷つきながらも、身分の違う愛を貫いた男女の美しい悲恋物語。
封建的な大地主の一人息子・順吉と山番の娘・小雪は恋に落ち、両家の反対を押し切って一緒に暮らし始める。だがそんな幸せな時間も束の間、戦争が始まり、順吉は出征し、小雪も病魔に冒される。

 映画   夕笛

舟木一夫と松原智恵子の共演で、昭和初期の旧制高校生と、旧家の令嬢との淡く儚い悲恋を描いた純愛物語。
昭和初期、日本海に近い城下町で旧制高校生の雄作は資産家の令嬢・若菜と出会う。やがて二人は愛し合うようになるが、若菜は旧家の令息に嫁がされてしまう。一年後、心労で目を病んだ若菜のもとに雄作が現れる…。

 映画   残雪

愛し合う二人は、実は兄妹だった…。『絶唱』『夕笛』に続いて舟木一夫が放つ悲恋三部作。
建築家志望の学生・高彦は、実習先の信州で炭焼きの娘・秋子と出会う。やがて二人は愛し合うようになり、結婚を申し込むが、実は兄妹であることが発覚する…。


2022年10月

 コンサート 
芸能生活60周年記念 舟木一夫コンサート2022 in 浅草公会堂

2022年7月15日(金)に浅草公会堂で開催された「舟木一夫 芸能生活60周年記念コンサート2022」の模様を完全収録して放送。
「高校三年生」「学園広場」といったおなじみの楽曲はもちろんの事、オープニングを飾った「銭形平次」からアンコールの「高原のお嬢さん」まで、全32曲をお届け!

 映画   その人は昔

舟木一夫と内藤洋子の初共演で、北海道から東京に出てきた恋人たちが、都会の欲望に染まって破局するまでを、ミュージカル仕立てで描いた悲恋作品。劇中で舟木一夫が『その人は昔』、内藤洋子が『白馬のルンナ』を歌う他、二人のデュエット曲も満載。
北海道で育った青年と少女は、父や母の反対を押し切って東京へやってきた。青年は印刷会社で、少女はレストランで懸命に働いていたが、いつしか少女は流行の服装を身につけ、夜通し遊ぶようになっていく。そんなある日、少女の前にスポーツカーを乗り回す金持ちの男が現れ、少女はその男に夢中になってしまう。






ご注意

お使いのAndroid標準ブラウザではこのサイトを閲覧することができません。
以下の推奨ブラウザをお使いください。