ストーリー

第29話

 岳環山に内力を奪われ、流星閣から放遂された江曼紅は、ひとり彷徨っているところを、羅守耀の一行に保護される。羅守耀は治療のために江曼紅を少林寺へ送るが、ズタズタにされた経脈は、無心大師と蘇蓉蓉のふたりがかりでも治療不能だった。江曼紅は、武芸どころか命さえ失いかけていることを悟り、運命を受け入れる決意をする。

 一方、宮殿では、神兵山荘の武器が都へ大量に運び込まれていることを知った皇帝が、錦衣御使に調査を命じていた。同じ頃、楚楚は見知らぬ一隊が神兵山荘の旗を立てた荷を積んでいく場面に遭遇。密かにあとを追い、「万さま」という黒幕を中心に謀反の企みが進みつつあることを知る。一味の密書を奪った楚楚だったが、何者かに剣を突きつけられ...。

 少林寺を訪ねた楚留香は、蘇蓉蓉に促され、20年ぶりに江曼紅と再会する。江曼紅は、流星閣を懸命に大きくしたのは楚留香のためだったと告げ、思いの丈を訴えるが、楚留香に「自由でありたい」といなされてしまう。失意の江曼紅は費無極のために死ねるという田心の強い愛に触れ、自らの想いに殉じようと決心する。再び楚留香を呼び出す。江曼紅は出会った日の思い出につながる毒の実を食べていた。「いつもかんざしを懐に入れていた」と告白する楚留香の愛情を確信し、江曼紅はその腕の中で息絶える。

 岳環山が武林大会を開いて、盟主の座に着こうとしていることを受け、少林、武当、峨嵋の三大門派は、団結して岳環山の打倒に当たることを決める。そんな中、楚留香は無心大師に蘇蓉蓉への詩を託し、一言もなく姿を消してしまう。

 皇帝は謀反の企みの真相を突き止め、万利を追い詰める。万利はシラを切るが、そこへ召し出されたのは楚楚。一味から奪った書状を突きつけられ、もはやこれまでと皇帝に襲い掛かった万利は、楚楚に阻まれてその場で捕らえられる。

-
-

バックナンバー


Pageup