ストーリー

第18話

 田思思と楊凡は、数々の波乱を乗り越え、不器用ながらも互いに心を通わせあう仲に、街でタダ喰いを疑われ、楊凡に救われた思思は、楊凡に手料理を食べさせようと、生まれて初めて厨房に立つ。その頃、楊凡は自分の記憶がますます不確かになったことに悩んでいた。かつて「大事も婚礼も成せぬ」と言った占い師に街で偶然に出会うが、楊凡は何も覚えていなかった。今回は「あなたは生まれ直した」と判じ物のような言葉を残され、楊凡の悩みはさらに深まる。

 一方、田心と費無極の関係も急接近していた。楊凡に手料理をと意気込む田思思に、迎えに出された田心は、楊凡が深刻な様子で「今日は帰らない」と街に消えてしまったため、途方に暮れる。とぼとぼ帰る途中、費無極に出会い、ふたりで田思思と楊凡の幸せを願って寺参りをすることに。しかし、その帰路、烏鴉幇に襲われた李蘭が目の前で絶命。ふたりもカラス姿の男たちに襲撃されるが、田心の機転で窮地を脱する。

 流星閣の留守を預かる費無極は、烏鴉幇との戦いで勝利を重ね、ついに武林の名門正派を集めて烏鴉幇との戦いを音頭を取るまでになる。若い娘たちの間でも人気はうなぎ昇りだが、そんな中、田心と費無極の心はますます近づいていく。ふたりは流星閣一行と共に茶館で芝居を楽しむが、そこでまたしても烏鴉幇に襲われる。激しい戦いの中、費無極は田心をかばい、花姑に託して逃す。

-
-

バックナンバー


Pageup