ストーリー

第12話

 雪山派へ向かっていた楚楚は、黒衣の男たちに襲われ、雪山派の武器「解骨釘」を打ち込まれるが、密かに見守っていた柳青に救われる。胸に解骨釘の傷があり、雪山派の内情に詳しい柳青を楚楚は"雪山派と因縁のある人物"だと確信する。

 雪山派の本拠地では、前掌門の娘・烏蘭と、次期掌門の本命と目される元達との婚礼準備が進んでいた。しかし、対立する童絶は「元達の命を奪ってでも掌門の座につく」と決意を新たにするのだった。

 田文貴が奪われた半分の地図は、依然として行方が知れない。「流星閣を監視せよ」との勅命を帯びて西域に来ていたのが、真相である楊国正は、元達派と目される江曼紅を訪ね、元達の陰謀を疑う発言で態度をあぶり出す。「元達、童絶のどちらにも付かない」という楊国正と田文貴の言葉を聞き、雪山派の秘宝・氷山雪蓮を狙う江曼紅は、本来の計画通りに元達側に付くことを決意。童絶を掌門にするよう鉄仮面に命じられていた柳風骨は、板ばさみになってしまう。

 楚楚は雪山派に到着。「閣主の操り人形でかないと」と悩みを深める秦歌に、真の侠客に相応しい行いを選ぶよう進言する。その頃、大名府では顔のない謎の男が剣を振るい、衛士たちを次々と斬り捨てる惨劇が起こっていた。そこへ蘇容容が割って入り、顔のない男をどこへともなく連れ去る。

-
-

バックナンバー


Pageup