ストーリー

第11話

 九龍寨にいる田思思から手紙が届き、楊凡は田思思を迎えに行く。田思思は大牛との別れを惜しむ。

 雪山派では前掌門・烏雲子の亡き後、二番弟子の元達と三番弟子の童絶が次期掌門の座を争っていた。元達は、前掌門の娘・烏蘭との結婚で、掌門になろうと目論むが、掌門の証の三つの品のうち、元達の手元にあるのは半分の地図だけ。残りの半分の地図は田文貴が持っていたが、何者かに奪われ、また、残りのふたつ氷山雪蓮と炬子剣のありかは不明だった。

 公子翌(=楚楚)が客と話していると、柳青が現れて茶々を入れ始める。公子翌は柳青の琴を奪い、竹林で落ち合うことになる。仮面を外し、女として柳青と会う楚楚(=公子翌)。柳青が奪った楚楚の武器と琴とを賭けて戦い始めるが、柳青が突如苦しんで倒れてしまう。楚楚は柳青に治療を施すが、わざと動けない状態にして置き去りにする。その後、ふたりは何度も再会しては、お互いをからかい合う仲になる。

 元達のもとに鉄仮面の男(=岳環山)が現れる。本物そっくりに造った偽の炬子剣を渡し、掌門争いの切り札とするよう告げる。

 雪山派に流星閣の一行・田文貴や楊国正らが集合する。岳環山の息がかかった柳風骨は童絶を呼び出し、元達の仕業に見せかけて、雪山派に向かう公子翌を襲うよう指示する。

 大名府を訪れた田思思は、楊凡がかつて何者かに襲われて深手を負って以来、記憶が混乱している事実を初めて知り、驚愕するのだった。

-
-

バックナンバー


Pageup