ストーリー

第31話(完)

 捕らえられたはずの岳環山が脱走する。逃したのは費無極だった。岳環山は費無極から三文帰元気の気を奪って内力を取り戻し、費無極は息絶える。

 楚楚らは楊凡に危険を知らせに行く。楊凡は無事だったが、外出中だった田思思が虫不知に捕らえられてしまう。偶然にもその現場に居合わせた秦歌が田思思を助けに行くが、岳環山に気を吸い取られ、秦歌も命を落としてしまう。

 楊凡は少林寺を訪ねて、易筋経を伝授され、失った内功を取り戻し、田思思を救うため岳環山のもとへ向かう。岳環山と激しい戦いを繰り広げる楊凡。しかし、突然田思思が楊凡に襲い掛かる!岳環山に薬を飲まされ、楊凡を殺すように操られていたのだった。自らの剣で傷ついた楊凡の姿を見て、ふたりで過ごした時間を思い出す田思思。岳環山が油断した隙に、その腹に剣を突き立てる。楊凡がとどめを刺し、ついに岳環山は息絶える。

 すべてが終わり、羅守耀は都に戻り、蘇蓉蓉は楚留香を探しに旅立った。楚楚は雪山派の掌門となった柳青のもとへと向かう。そして、楊凡と田思思はやっとふたりだけの平穏な暮らしを手に入れることとなった。

-
-

バックナンバー


Pageup