ログインするとリマインドメールが使えるYO!


(c)日活

陽のあたる坂道

映画キャメラマンとして吉永小百合主演作を多く担当した萩原憲治氏は、石坂洋次郎原作を美しいモノクロで描ききった文芸大作を、石原裕次郎の代表作と呼べるのではないかと選出。原作の石坂洋次郎は「エデンの東」にヒントを得、自身の原作を映画化した「乳母車」(本作の監督と同じ田坂具隆監督作)で素晴らしい演技を披露した石原裕次郎をイメージして書き上げたという。小高雄二、川地民夫のデビュー作でもある。高級住宅地にある田代家に、娘のくみ子の家庭教師として迎え入れられた女子学生・倉本たか子は、性格が正反対の兄弟、雄吉と信次を知る。始めは医者を目指す雄吉の紳士さに好意を抱いたたか子だったが、次第に画家を目指す信次の無骨ながらも人間らしい魅力に惹かれていく。ある日、たか子は信次が妾腹に生まれ、田代家に引き取られたこと、信次の実の母がたか子の隣人であることを知る。

1958年 ・日活 ・212分 ・モノクロ ・スタンダード

  • HD放送対応
  • 字幕(CC)対応

監督:田坂具隆 原作:石坂洋次郎 出演:石原裕次郎 北原三枝 芦川いづみ 川地民夫 轟夕起子

放送スケジュール

  • 日付
  • 開始時間
  • リマインド
12月

※リマインドメール機能をご利用になるにはログインが必要です。

字幕(CC)について
一部のケーブルテレビ局、スカパー【CS 223ch】、スカパープレミアムサービス【CS 633ch】、スカパープレミアムサービス光【633ch】でご覧のお客様のみご利用いただけます。



ご注意

お使いのAndroid標準ブラウザではこのサイトを閲覧することができません。
以下の推奨ブラウザをお使いください。