ホーム > 震える舌

震える舌

  •  

(C)1980 松竹株式会社

1980年・松竹・116分・カラー・ワイド放送

【キャスト・スタッフ情報】
監督:野村芳太郎 ‐ 出演:渡瀬恒彦 十朱幸代 中原早苗 中野良子 宇野重吉

  • HD放送対応
HD放送とは?

「HDマーク」付でご紹介している作品については、
【チャンネルNECO-HD】にて、ハイビジョン画質(高精細画質)で放送しております。【チャンネルNECO-HD】には、下記の方法でご加入いただけます。

(1)スカパーHDの場合

スカパーHDチューナーを購入、またはレンタルして設置し、スカパーHDサービスと契約した上で、チャンネルNECO-HD(633ch)にご加入していただく必要があります。なお、ハイビジョン画質(高精細画質)でご覧になるには「ハイビジョン対応テレビ」が必要です。また、5.1chサラウンドでご覧になるには「5.1chサラウンド対応システム」が必要です。詳しくは、スカパーHDホームページをご覧ください

(2)ケーブルテレビ局の場合

チャンネルNECO-HDを導入いただいているケーブルテレビ局にご加入していただく必要があります。なお、ハイビジョン画質(高精細画質)でご覧になるには「ハイビジョン対応テレビ」が必要です。また、5.1chサラウンドでご覧になるには「5.1chサラウンド対応システム」が必要です。

▲閉じる

あらすじ

奇病に冒された少女と両親の闘病記を、『砂の器』『八つ墓村』の巨匠・野村芳太郎監督がホラー映画テイストに描いた伝説のカルト映画。獣のような唸り声をあげて弓なりに反り返る身体、舌を噛んで血まみれの口…子役の圧倒的な演技は観る者をトラウマにすること必至!芥川也寸志の音楽も不安を煽って恐怖倍増!東京郊外に幸せに暮らす三人家族。ある日、5歳の娘・昌子の様子が急におかしくなる。40万人に一人という確率のテタナス(破傷風菌)が彼女に憑ついたのだ。激しい発作を繰り返す昌子に、見守る両親も次第に精根尽き果て、遂には自分たちもテタナスに冒されたような錯覚に陥る…。

放送日

リマインドボタンの説明

« 一覧へ戻る