ホーム > 明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史

明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史

  •  

(C)東映

1969年・東映・95分・カラー・ワイド放送

【キャスト・スタッフ情報】
監督:石井輝男 ‐ 出演:吉田輝雄 賀川雪絵 由美てる子 藤江リカ 小池朝雄 阿部 定

  • HD放送対応
HD放送とは?

「HDマーク」付でご紹介している作品については、
【チャンネルNECO-HD】にて、ハイビジョン画質(高精細画質)で放送しております。【チャンネルNECO-HD】には、下記の方法でご加入いただけます。

(1)スカパーHDの場合

スカパーHDチューナーを購入、またはレンタルして設置し、スカパーHDサービスと契約した上で、チャンネルNECO-HD(633ch)にご加入していただく必要があります。なお、ハイビジョン画質(高精細画質)でご覧になるには「ハイビジョン対応テレビ」が必要です。また、5.1chサラウンドでご覧になるには「5.1chサラウンド対応システム」が必要です。詳しくは、スカパーHDホームページをご覧ください

(2)ケーブルテレビ局の場合

チャンネルNECO-HDを導入いただいているケーブルテレビ局にご加入していただく必要があります。なお、ハイビジョン画質(高精細画質)でご覧になるには「ハイビジョン対応テレビ」が必要です。また、5.1chサラウンドでご覧になるには「5.1chサラウンド対応システム」が必要です。

▲閉じる

あらすじ

明治から昭和にかけて実際に起こった5つの猟奇犯罪を、石井輝男のメガホンで再現したオムニバス映画。『愛のコリーダ』のモデルとして知られる「阿部定事件」やその連鎖反応として起こった「象徴切り事件」、明治の代表的毒婦・高橋お伝による「色仕掛け殺人事件」など、激情のあまり理性を失った女たちが起こした凄惨な事件に迫る。当時63歳の阿部定本人がインタビューを受けるシーンも収録。

放送日

リマインドボタンの説明

12月

本編

予告編

« 一覧へ戻る