作品解説

解説

絶大な人気を誇る『射鵰英雄伝』『神鵰侠侶』に続く、【射鵰三部作】完結編!

画像:メインビジュアル

チャンネルNECOで絶賛放映の人気武侠ドラマ『射鵰英雄伝』(しゃちょうえいゆうでん)『神鵰侠侶』(しんちょうきょうりょ)に続く、"射鵰(しゃちょう)三部作"の最終章『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)がついに日本に上陸!

原作は中華圏で絶大な人気を誇る作家・金庸で、彼が生んだ武侠小説"射鵰三部作"は、日本でも文庫化されており、三部作合わせて15冊という壮大なストーリーに魅了されるファンは後を絶たない。

その三部作のラストを飾る『倚天屠龍記』は、かつて『カンフー・カルト・マスター 魔教教主』(主演:ジェット・リー)のタイトルで映画化されるなど、金庸の小説の中でも人気の作品だ。

本作は『射鵰〜』『神鵰〜』も手がけたプロデューサー、ジャン・ジージョンの指揮により製作。5億円を超える製作費が投じられ、ユネスコ世界遺産にも登録されている名峰・武当山や武夷山、幻想的な竜游石窟などで大規模なロケ撮影を行った。シリーズを通しての見所でもある大掛かりなアクションシーンには更に磨きがかかっており、本国での放送開始当初から視聴者を圧倒。

各地で高い視聴率を獲得したが、中でも浙江テレビ娯楽チャンネルでは年間最高視聴率を記録するなど、その人気振りを語るエピソードには事欠かない。

『笑傲江湖』から約10年、金庸作品を精力的にドラマ化し続けてきたジャン・ジージョンとそのスタッフたちの集大成とも言える本作は、間違いなく日本でも多くのファンの心を掴むことだろう。

イケメン・美女・ベテラン…豪華中国スターが大集結!

画像:主人公・張無忌 画像:張無忌と蛛児

武侠ドラマ初主演の新鋭ダン・チャオを艶やかに支えるのは、『大唐游侠伝』のハー・ジュオイェン、
『雪山飛狐』のアン・イーシュアン、
『蒼穹の昴』のジャン・マンら美人女優たち!

また、太極拳の創始者・張三豊を
『少林寺』のユー・チェンフイ、
哀しき盲目の復讐鬼を
『レッドクリフ』のザン・ジンシェンが演じるなど、
ベテラン勢の好演も光る。

チャンネルNECO放送する日本語吹替版では、様々な事情で原語版では内容が判り難くなっていた箇所に修正が施されるなど、日本語版制作担当のこだわりが随所に取り入れられているのも必見である。

あらすじ

天下を制する倚天剣と屠龍刀に秘められた謎とは?

 舞台は元朝末期の中国。天下を制することができると言われる伝説の至宝、倚天剣と屠龍刀をめぐって武術家たちは争奪戦を繰り広げていた。

 幼い頃、その戦いで両親を亡くした張無忌(ちょう・むき)は、屠龍刀を持っていると武林で噂されている養父・謝遜によって教えられた武術を元に、様々な無敵の武術を身につけ、戦いの中に身を投じていく…

 ひと度手にすれば武林を制覇し、天下に号令できるとさえ言われる伝説の刀・屠龍刀。それに対なす倚天剣。この刀と剣に秘められた謎とは??

 正邪入り乱れた壮絶なる戦いが始まる…

劇中画像 劇中画像 劇中画像
劇中画像 劇中画像 劇中画像
劇中画像 劇中画像 劇中画像

原作者解説

金庸(Jin Yong、きんよう)

1924年生まれ。
1955年に中国の新聞社記者の傍ら、第一作『書剣恩仇録』を発表。
後に独自の新聞社を立ち上げ、政治評論家としての社説と共に武侠小説を連載する。
長編を中心に発表した15作品はいずれも中国・アジア圏で絶大な人気を誇り、その原作はこれまでに幾度と無く映画化、ドラマ化された。

また「少林サッカー」などで著名なチャウ・シンチーが熱心な金庸ファンであることが知られており、2006年に公開した「カンフー・ハッスル」では、登場人物に金庸作品「神鵰侠侶」の主役カップルの名前をギャグとして組み込んでいる。

本原作『倚天屠龍記』は、徳間書店より文庫(全5巻)発売中!

監督:ユー・ミン チャオ・ジェン 原作:金庸(徳間書店刊) 
出演:ダン・チャオ アン・イーシュアン リウ・ジン ハー・ジュオイェン

※一部、「射【鵰】英雄伝」などの文字が閲覧環境により化けている場合があります。【周鳥】の文字となります。