201号室石立鉄男の部屋 今月の石立鉄男 プロフィール データ ファンの声 201号室TOPへ
プロフィール 石立鉄男
石立鉄男(いしだててつお)
石立鉄男本名=石立鉄男
生年月日=1942年7月31日
没年月日=2007年6月 1日 (享年64歳)
出身地=神奈川県横須賀市
出身校=私立三浦高校
血液型=B型
身長=177cm
体重=79kg
趣味=陶芸、将棋、ゴルフ、錦鯉の飼育

経歴=

中学、高校時代はバスケットボール少年だった。その頃、石原裕次郎などが出てきてカッコよさに憧れる。高校卒業の1961年春、男兄弟ばかりで高校も男ばかり、女の子たちと一緒に何かやってみたいという理由から、落ちてもともとと冗談半分で俳優座養成所を受け13期生として入所。俳優座養成所の卒業公演の舞台に立ったとき、改めて新劇の面 白さ、奥深さを実感する。1964年、俳優座養成所を卒業して文学座研究生となり「花咲くチェリー」(1965)のトム役、水上勉が文学座の為に書いた処女戯曲「山襞」(1966)の鉄次役を熱演。それが評価され同年、文学座の座員となる。1970年、文学座を退団。
テレビデビューは「青年の樹」(1961年~1962年、TBS系)に脇役で出演したとされ、テレビ本格デビュー作は1963年3月にフジテレビで放映された「まごころ」で、1963年11月に放映された「夏」(芸術祭参加作品)が昭和38年度芸術祭奨励賞第一席に選ばれる。1970年、「おくさまは18歳」(大映テレビ室制作)で一躍人気スターとなる。その後、「パパと呼ばないで」、「水もれ甲介」、「雑居時代」(いずれもユニオン映画制作)などのホームドラマの主演をし、その人情味あふれるキャラクターで好評を得る。
劇場用映画においては銀幕デビュー作「血とダイヤモンド」(1964年、宝塚映画)、初主演作「殺人者」(1966年、大映)、その熱演で彼の代表作といわれる「愛の渇き」(1967年、日活)などテレビとは違った役どころを演じてみせた。