201号室石立鉄男の部屋 今月の石立鉄男 プロフィール データ ファンの声 201号室TOPへ
データ
ドラマ出演作品一覧

石立鉄男
「さらば女ともだち」
解説
離婚して15年、都心のマンションで快適な独身生活を送る中年男・竹井。ブライダル・プランニングの会社を経営している。そこへ結婚10年間つれそった妻に突然、離婚を宣告された友人・高辺が転がり込んでくる。仕事好きだが人並みにプレイボーイでもある都会肌の竹井と、テレビ局人事課長で律儀で生真面 目な高辺とが、よんどころなく奇妙な共同生活を開始する。「女房なんて不要だ」という竹井と「女房がいない生活は考えられない」という高辺。対照的な女性観を持つこの二人の共同生活をとおして、中年男たちの哀歓、結婚そして男と女とは何かを描いていくコメディ。
備考
主題歌「さらば女ともだち」、挿入歌「女嫌いのバラード」を杉浦直樹と石立鉄男が歌っています。
宣伝用コピー
男の哀しみカバンにつめて…
離婚した男と、離婚されそうな男が始めた奇妙な共同生活。男同士が慰めあうなんて淋しすぎる。
でも「女なんて…」というヤセガマンも好きじゃない。
そんな普通の男たちにおくる、おかしくて、チョッピリ哀しいおとなのドラマです。
作品データ
カラー作品・全8話
初回放映日=1983年2月3日~1983年3月24日
毎週木曜日 21:00~21:54 テレビ朝日系
演出=山内和郎、小関 明
脚本=福田陽一郎
出演=杉浦直樹(竹井誠)、石立鉄男(高辺信)、田中好子(竹井のガールフレンド・恩田かすみ)、浅野温子(竹井の娘・麻子)、木内みどり(高辺の妻・美子)、名古屋章(真田)、井上純一(宝田)、塩沢とき(真田の妻・花子)、仲谷昇(弁護士・大森)、西岡徳馬、結城しのぶ、浅茅陽子

グランド劇場
「天まであがれ!2」

解説
原竜介は、東京・深川花咲町の交番に勤務する人情派警察官。非番の夜、怪盗タイガーが押し入った宝石店のそばを通 りかかった竜介は、張り込み中の刑事を犯人と勘違いし得意の一本背負いで投げ飛ばして三日間の謹慎処分…。そんな竜介を義理の弟だという少年・大輔が訪ねて来て物語は始まる。 東京・下町を舞台に、人情味あふれる警察官の活躍を描くコメディ。
備考
役名は当時のプロ野球選手の名前をもじってつけられているのが特長です。
宣伝用コピー
超ウルトラすらっぷすてぃっくコメディ
作品データ
カラー作品・全13話
初回放映日=1983年7月30日~1983年10月29日

※ 放映のなかった日(放映されなかった理由)
8月20日(「24時間テレビ 愛は地球を救う6」) 毎週土曜日 21:00~21:54 日本テレビ系

演出=中山史郎
脚本=岡部俊夫
出演=石立鉄男(原竜介)、坂口良子(大輔の担任・広岡操)、柴田恭兵(真弓の兄、怪盗タイガー・掛布準)、坂上忍(松本大輔)、三田寛子(大輔のクラスメート・真弓)、山口良一(江川護巡査)、奈良岡朋子(竜介のおば)、名古屋章(竜介のおじ)、中西良太(藤田遊作)、松原智恵子(「通 りゃんせ」のママ・美和)、中尾ミエ(田淵初子婦警)、斎藤ゆう子(初子の妹・さくら)、坪田直子(江夏かすみ)、河西健司(西本猛巡査)、坂本あきら(山本鯉太郎)、松本由香里(かすみの娘・真子)、林泰文(美和の息子・健一郎)、楠明美(大輔のクラスメート・礼子)、尾藤イサオ(譲二)、草薙幸二郎(大沢教頭)、いもとえりこ、中村好男

※ゲスト出演者が含まれています。

このページのトップへ
ドラマ出演作品一覧へ